Extra02

嘘ばかりの待遇 関西のブラック会社(広告代理店)

| コメント(0)

 学校の求人や、B-ingなどに載っているのによると、アソシの給料は20万6000円、ボーナス8ヶ月である。おお、なんていい会社や、と一瞬思ってしまうと君も騙される素質ありです。僕は、基本給や手当が明記されていなかったので、ちょっと気になったが、簡単な求人誌だったので、後で詳しく教えてくれるんだと思っていた。給料って書かれているから基本給はもっと安いだろうが、ボーナス8ヶ月というのはデカイ。それに惹かれていたのは確かだった。だけど、内定しても、入社しても向こうから一切給料面に触れようとしないので、僕は頭にきて、文句を言いに行った。

「僕たちの待遇ってどうなっているんですか?給料やボーナス、それに休みのことだって知らない。1年後のベースアップ率だって教えてもらってないじゃないですか」

 結局、教えてもらったのは、僕が入社して1ヶ月以上後だった。その頃にはもうすでに先輩達にイヤというほど現実を聞かされていた。僕がその時聞いた現実は、基本給15万6000円、残業手当5万円だった。勿論、残業手当はフルタイムの50時間残業したとしてである。残業しなければ、いろいろ引かれて、手元に入るのは12・3万ぐらいである。ボーナス8ヶ月の8は一体どこからやってきたのだろう。会社ははっきり言わなかったが、先輩達に聞く限り、2ヶ月出ればいいとこそうだった。それも気に入らればの話。ベースアップもほとんどしない。会社にはアホが二人おる。社長と局長である。どんだけアホかはまた後で書くとして、このアホに気に入られれば給料もどーんと増えるわけである。役職にもつくし、ベースアップもかなりする。そんなん、詐欺やー、って思うでしょ。詐欺なんですよ。

 中途採用の下元さんは初日から文句言いに言ってましたね。この恋い多き女は、普段は男のことしか考えてないのに、お金のことになるとすごい突進力を見せる。いや、いい人ですよ、彼女は。
「ちょっと、基本給15万ちょいってどういうことですか、私お金でこの会社選んだのに、話が違うわ、最初聞いてた金額が出ないのなら辞めさせてもらいます。」
と初日から社長にガンガン言ってた。そしたら、係長になってた。どういうことやねん。まあ、彼女はそれでも少ないからって2週間で辞めたけどね。聞いた話では、最近入った人で同じようにもめて課長になった人がいるそうです。僕も一応もめとくべきでした。ちょっと後悔してます。
 僕はこの会社を辞めた人をわずか5ヶ月で10人以上見てます。現在、総勢5名らしい。全員いっしょに辞めたかった。本気で潰したかった。世の中から消えて欲しかった。僕はみんなで手つないで、1列になって歌を歌いながら辞めたかったので、夏のボーナスまで頑張って耐えた。先輩達がボーナスをもらってから辞める時に標準をあわせたわけだ。
 でも、残念ながらまだ生き残っているみたいやね。世の中間違っている。
 
 ちなみに、最初就職活動でこの会社に行った時、我々はトイストーリ製作に携わった日本でただ1つの会社である。と言ってた。僕は信じた。若かった。入ったら、えらいさんは、ちいさい"つ"の入力も知らない人で、アンチエイリアシングがホットな単語らしく、意味も分からずアンチエイリアシングやな。を連発してた。僕は早々ネットワーク管理担当になり、やりたい放題。

コメントする

PR

このブログ記事について

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。