02

ブラック会社に入社して1週間で悲しい事件が勃発

| コメント(0)

僕が入社して1週間が経った時に事件は起きた。

 いっしょに入社した中途採用の石塚さんは5日目に辞め、新人は僕一人になった。
 いつも僕が朝一番なので、1階の鍵置き場で鍵を取ってから、オフィスのある12階に上がり、鍵を開けるのが日課だった。だが、この日は鍵がもうすでになかったので、あれ、誰かもう来ているんだ、と思って上にあがった。エレベータで12階にあがると、廊下の向こうから営業主任の山本さんがこっちに向かって歩いてきた。

 山本さんは今年3年目の独身男性で、髪型はセンター分けでかわいらしいが、かなり鋭い目つきをしている。電話の応対を社内で聞いた感じでは、かなりの自信満々タイプで、僕はあまり好きではなかった。 彼は営業主任なので制作現場の僕とはほとんど接点がない。ずっと社内にいる僕は、この1週間、彼が社内にいるのをほとんど見たことなかった。面識のない人には挨拶するのも苦手な僕が、おはようございます、と力いっぱい元気に挨拶したが、目も合わさずにムシされた。まあ、もともとあんまり愛想のいい人ではなさそうだったから、大して気にもせずに、オフィスに向かった。

 毎日、誰もいない朝をダラダラ過ごしていた僕はすこし緊張感を持って朝の仕事を行いはじめた。
 新人は朝出社して来ると、郵便物を1階のポストに取りに行き、コップ類を洗い、机などを雑巾掛けすることになっている。石塚さんが辞めて以来、新人は僕1人だったので、それを30分ぐらいかけてやっていた。山本さんは僕のいつもより念入りな掃除が終わっても帰ってこなかったので、僕は廊下に出て、12階の共同トイレに行った。このトイレの便器に座って、15分ほどの休憩を取るのも僕の日課である。トイレの便座が洋式であるというのは会社選びにかなり重要であると個人的に思う。有り難いことにここは洋式トイレだったので、毎日つかの間の眠りにつくことにしていた。
 僕は一番奥のトイレが気にいっていたのだが、この日はすでに誰かが入っていたので、その隣りに入ることにした。

 入った瞬間、一番奥のトイレの中から壁を殴る音が聞こえた。ドカッドカッと鈍い音である。
 しばらくすると、次はおそらくトイレットロールの金属のカバー部分だと思われるものをガチャガチャする音がした。隣りのトイレに神経を傾けていると、すぐに、またガシャガシャガシャガシャと音がした。明らかに意図的である。ちょっと頭にきたので、注意してやろうかと思ったが、知らない人にトイレマナーを教える必要もないかと思い、オフィスに戻った。

 オフィスに戻ると、もう一人の営業の中川さんが出社してきた。中川さんは誰が見ても人が良さそうで、いつもニコニコしている。去年に入社しているので、僕の1年先輩で、かなりのマイペースさをかもし出している。営業にもかかわらず、頭にはひどい寝癖がついていることもしばしばあるし、口のはしには歯磨き粉がついていたりするのも何度か見かけたことがある。加えて、スーツはいつもテカテカである。同じ営業でも中川さんは社内にいることが結構多く、持ち前のニコニコさで話をする機会も数回あり、僕は朝の苦痛の時間を共有する人が来てくれてすごく嬉しかった。 そして、こんなに早い時間に二人も来るなんて今日はどうなっているんだろう、などと普通の会社では考えられないようなことを思いながら、中川さんと雑談していた。 彼は今日10時の打ち合わせの資料まとめのために、いつもより早めに出社してきていたので、かなり忙しいのだが、席が僕のすぐ後ろなので作業しながら僕の相手をしてくれていた。

「なかたにくん、いつもこんな早くきてるん?えらいなあ。」
「本当にこの会社誰も来ないんですね。」
確かこんな会話から始まった。中川さんも営業で外に出ていることが多いので、ちゃんと話するのはこれが初めてだった。
 この時の雑談もいつもと同じような内容だった。この1週間、数人の先輩と話す機会があったが、みんな決まって、この会社はおかしいから気を付けたほうがいいよ、ということだった。僕自身初日から何かおかしいと感じていたし、実際、いっしょに入社した石塚さんは5日で辞めた。しかし、この時はまだそれほどおかしい会社だとは実感していなかった。まあ、新入社員の時は何かと比較できないから、社会人ってこんなものかな。って思うんでしょうね。

 話に熱中していると山本さんが帰ってきた。僕はイスを自分の机のほうにスライドさせながら、力いっぱい挨拶したが、またもやムシされた。彼はそのまま僕たちの前を通り過ぎ、奥の休憩室の長机の前に腰をおろし本を読み始めた。 僕は何かしないといけないと思い、自分のマックのフォトショップのチュートリアルを開けて頑張っているフリをした。僕の横の席の橋口さんが来れば、作業の指示をもらえるのだが、彼は当分来そうもない。まだ、9時45分だ。

 山本さんが戻ってきたので、中川さんは自分の資料まとめに集中しはじめ、僕はまたすることがないという苦痛と向き合わなければならなくなった。そしていつの間にか、僕はファイルをダブルクリックしては閉じるといった、どう考えても意味のないことを繰り返していた。
 その時、急に山本さんが中川さんを休憩室に呼んだ。

「中川ちょっと」

 僕はまるで自分が呼ばれたかのように、ハッとして、我に返った。中川さんは急いで山本さんのほうへ向かい、二人は立ち話しを始めた。僕は聞き耳をたてながら、内容を聞き取ろうとしたがはっきり聞こえない。何か報告することがないか、と山本さんが中川さんに尋ねているような感じである。中川さんは別にとりたてて報告することもないようで、いや、別にこれといってないです、と言っているのがかすかに聞こえる。二人が和気藹々と話し始めたので、僕はまた、意味のない作業に戻ろうとしたその時、

「これが大人の世界じゃー」

 突然山本さんが大声をあげながら、長机をひっくりかえし、ドカーンともの凄い音がした。そこらじゅうに資料や本が散乱した。中川さんは呆然としている。一体どういうことなんだろう。僕は何が起きたのが理解できなかった。今まで楽しそうに話しをしていたのに。

コメントする

PR

このブログ記事について

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。