03

悪魔の次のターゲットは僕?

| コメント(0)

 山本さんは身を乗り出し、中川さんの胸ぐらを掴んだ。そして、四方に振り回しながら、報告していないことがあるだろう、と叫んだ。

「ちょっと何するんですか、やめて下さい!」

 中川さんは何のことか分からないまま必死に抵抗して叫んでいた。同じ営業でも山本さんは3D広告の営業で、中川さんは2D広告の営業と、広告媒体やスポンサーが違うので仕事の接点はないはずである。

「一体僕が何をしたんです。僕が山本さんに何か報告しなかったことが今までありますか?」

 会話にはなっていなかった。明らかに山本さんは正気ではなかった。無言で中川さんを振り回していた。しばらくすると、力強く振り回していたのが、次第にゆっくりになり、山本さんの手がすこし止まった。その隙に中川さんは山本さんの腕を払いのけ、自分の席に戻ってきた。

「僕は10時から打ち合わせなんですよ」

 中川さんは動揺しながらも自分の席で書類まとめの続きを行い始めた。僕は中川さんがこっちに来た途端、戦場がこっちに移ってきたような気がした。そして、案の定、山本さんがこっちに向かってきた。

「おらー」

 山本さんが叫びながら、こっちへ向かってきた。僕は生きた気がしなかった。山本さんは僕の後ろの席の中川さんのイスを力いっぱい蹴った。イスがスライドして、中川さんごと移動していく。3回目の蹴りで、中川さんがフロアーに転げ落ちた。山本さんは転げ落ちた中川さんの上にまたがり、また胸ぐらを掴み、上下に振り回していた。中川さんは抵抗するのを諦め、なされるがままにしていた。
 その時、突然、山本さんの動きが止まった。はーはー、という山本さんの呼吸音が聞こえる。我に返ったのだろうか。ただ一点を凝視していた。

 沈黙があった。ほんの数秒だったろうが、随分長く感じた。中川さんは山本さんの腕を丁寧に払い、ゆっくりと起きあがり自分の席に向かった。そして、自分の席にある資料を鞄に入れ、オフィスをあとにした。

 それから、山本さんと僕の二人きりの長い午前中が始まった。

コメントする

PR

このブログ記事について

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。